まずは、ご自分の身体を知って下さいと。
まずは、ご自分の身体を知って下さいと。

理想的なバレエスタンス、つまり立っているときの美しい姿勢、
これを獲得することが、バレエを上達させる近道です。

でも、すぐには成れませんし、無理はダメです。
ものには順序があるんです。

美しく見えるために重要なのは、引き延ばされた背中とか、綺麗な首のラインですね。
ただ単にに真っ直ぐじゃなくて、ちょっとカーブの入った綺麗な。特に女の人の。
いわゆるデコルテとかなんとか言うのかな。デコルテラインを美しくとかね。
あと女の人の耳の横の、首の頸椎のカーブから肩甲骨、あのカーブって女性は綺麗にしたらすごく美しい。
男性にはない美しさだと私思ってるんで。
それはバレエで絶対獲得出来るものなんでね。

また、バレエスタンスを獲得するためには、もちろん腹筋だとかの筋肉が必要だけど、
私自身、いわゆるトレーニング、体育会系のあれありますよね。ああいうの嫌いなんです。
うちのスクールでは、いわゆる腹筋運動をするとかいうのでなく、
もっと安全に、美しくなるための筋肉を強くする方法を指導してます。

そして「さーはじめるぞ」ってときに、まず私が言いたいのは、
最初に自分はどういうクセがあるのかっていうのを早く知って欲しいんです。
自分の体のクセって、自分ではわかりずらいものですよ。

そこで、うちのスクールでは、まずは自分の身体を知ってもらいます。
小さな子供でも理解してもらうところからはじめるんです。
壁に立ってもらって写真を撮ったり、それを見てもらって言葉でちゃんと説明して。

そして、生徒さんの年齢におうじた指導を、しっかりとしたアナトミー(解剖学)の知識をふまえて行っているんです。

例えば、初級クラスでは急がず、少しずつバーレッスンをやりながら時間をかけて、
特に上半身を中心に理想のバレエスタンスにちかづけていきます。
(まだ骨がやわらかい時期のため柔軟・床での開脚は一切やりません。これ重要ですよ。)

小学生3年生までは同じ学年でも、誕生日によっても個人差が大きいため、指導者はしっかりと見なくてはならないんです。
(将来ネコ背にならないように…)

中級クラスでは、バレエスタンスに少しずつ近づいてきていますが、腰が前後どちらかに傾いていることが多いため注意深く見ながら、時間をかけて改善していきます。

4年生の後半になると、腰(骨盤)がまっすぐになっているので極たんなO脚・X脚にはなりません。
ちなみに、現在うちの生徒の4年生以上は全員猫背ゼロ、O脚、X脚ゼロです。

上級クラスは、ほぼバレエスタンスが出来上がっているため、上半身と下半身のバランスを微調整しながら
背中のS字ラインを保ちながら、(タイラではない!)ひき伸ばされた美しい背中になるようレッスンします。

だから、うちの生徒さんの見た目(心も)は、全員健康的で綺麗です。